安全マネジメント、運転適性診断活用、
人材育成の事なら株式会社イエス,アンドへ

安全ブログ

2020.07.07

マスクをしていても好感度アップのポイント

都道府県をまたぐ移動の自粛要請が解除されましたが、
新型コロナウィルス対策で、荷主企業様から、
ドライバーの方へマスク着用を求められているところも、
少なくないと思います。

そこで今回は、
「マスクをしていても好感度アップのポイント」について、お伝えします。

まずは、マスクをつけたまま、話をする時の弊害について、
考えてみたいと思います。

人がコミュニケーションを取る時に、重要なものの一つに、
「表情」があります。
その中でも、目元・口元の印象は特に重要ですが、マスクをしていると
口元が隠れるので、通常のコミュニケーションが取りづらい状態になります。
相手の「表情」が、読みづらくなりますね。

また、マスクをして話をすると通常よりも声が小さく聞こえませんか?

自分のマスク越しの声が、相手に聞き取ってもらいにくくなる、相手の
マスク越しの声が、聞き取りづらくなってしまいます。

そこで、今回のポイントは2つです。

①表情は笑顔倍返し
マスクを着用すると、いつもより顔が半分しか見えないため、笑顔が
おろそかになりがちです。
まさに、「目は口ほどに物を言う」です。
マスクをしている分、口角と目元は倍返しの笑顔で接してみましょう。
また、話しの途中で、うなずきやアイコンタクトを入れるのも効果的です。

 

②ゆっくりハッキリと、いつもより少し大きめの声で話す。
マスクをしていると、声がこもりやすくなります。
ゆっくりハッキリと声に出して、話をしましょう。
声の大きさは、いつもより少し大きめの声で話すことで、聞き取って
もらいやすくなります。

また、話しにくいからと、ついマスクを顎にずらし、口を出して話をしている
光景を見かけることがあります。
ルーズな印象を感じますので、マスクは、正しく着用しましょう。

最後に注意点として、これから、気温・湿度が高くなる時期に入ります。
熱中症のリスクも高まりますので、上手にマスクを活用してみて下さい。

マスク着用でも、好感を持っていただける対応について、これを機に考えてみては
いかかでしょうか。

(伊達亜矢)

お問い合わせや資料請求・ご相談はこちら ご質問やお見積などお気軽にお問い合わせください。

安全マネジメント、運転適性診断活用、人材育成の事なら株式会社イエス,アンドにお問い合わせください