安全マネジメント、運転適性診断活用、
人材育成の事なら株式会社イエス,アンドへ

安全ブログ

2020.09.01

明日からできる「伝わる」話し方のコツ

仕事を教えるとき、
分かりやすく伝えることが出来るようになりたい、

会議などで報告するとき、
相手に伝わるように話がしたい、

そう思っている方も多いのではないでしょうか。

仕事をする上で「伝える・伝わる」ということは、とても大切なことです。
そこで、話すのが上手な人の特徴からみる明日からできる
「伝わる」話し方について、考えてみたいと思います。

私が様々な方々と話をする中で、話すのが上手な人には
3つの特徴がある、と気づきました。

①内容が分かりやすい
社内用語や、必要以上に専門用語などの難しい言葉を並べず、
理解しやすい言葉を選んで話します。
そうすることで、人の記憶にも残りやすくなりますね。

②明るくハキハキと聞き取りやすい声
語尾まで、はっきりと話し、態度や動作、声の調子にも気をつけています。
一方的なコミュニケーションにならないように、
抑揚をつけながら、聞き取りやすい声で話します。

③自分の体験に基づく話や、例え話でグッと相手を引きつける
難しい話のときや、単調になりがちな話の合間に
自分の体験に基づく話や、例え話でグッと相手を引きつけます。

いかがでしょうか?
そういえば、と思うひとも多いのではないでしょうか。

次に、話すのが上手な人の特徴からみる、
明日からできる「伝わる」話し方のコツをまとめてみましたので、
ご紹介します。

①シンプルに結論を一つに絞って、伝える練習をする
話が伝わらない原因には、いろいろなことを一度に話してしまうという
傾向があります。
一番伝えたいことは一番最初に話すなど、日頃から意識するだけで
伝わり方が違ってきます。

②自分の話す声のトーン・話し方のクセを知る
声を客観視するには、自分の声を『録音』して聞いてみるのがお勧めです。
『動画撮影』は、動きも見ることが出来るので更に効果的です。

私の体験談ですが、以前撮影したとき、自分の話している姿を動画で見て
ショックを受けました。
思っていた以上に声に抑揚がなく、「えー」といった言葉を何度も
使っていたのです。
こういったことは、撮影しなければ気づけませんでした。
それから定期的に録音し、チェックするようにしています。

このように、ちょっとした工夫や意識をすることで、
「伝える」から「伝わる」に変化します。

「伝わる」話し方になっているかな、と日々、自分に問いながら
今日も、話をしたいと思います。

(伊達亜矢)

お問い合わせや資料請求・ご相談はこちら ご質問やお見積などお気軽にお問い合わせください。

安全マネジメント、運転適性診断活用、人材育成の事なら株式会社イエス,アンドにお問い合わせください