安全マネジメント、運転適性診断活用、
人材育成の事なら株式会社イエス,アンドへ

安全ブログ

2021.09.14

社員の仕事に対する温度差をなくす人材育成方法

「社員の仕事に対するモチベーションの温度差を
なくしていきたいんですが、どうしたらできますか?」

自社セミナーでご相談頂いた内容です。

社員の仕事に対する取り組み方に温度差があると、
仕事のクオリティに差が出るばかりではなく、
現場が中々動かない、なんてことになりかねませんよね。

これは多くの経営者、管理者の方が
悩んでることかもしれないと感じたので、
今日はその対処法をお伝えします。

結論から言うと、
「誰に関わるか!?に注力せよ」こちらです。

そもそも社員の仕事へのモチベーションの温度差が
全くなくなることはありません。

実は問題はそこじゃないのです。

じゃあどうしたらいいの?
ということなのですが、
シンプルに全体を底上げするしかありません。

2:6:2の法則というのを聞いたことがあるでしょうか?
全体を10として見た時に、
優秀なトップ2割の社員、普通6割、ボトム2割、
この割合はどこの組織やチームでも同じです。

どんなに優秀な社員が働いてる組織でもこれは同じ。
要はどの高さで2:6:2の法則が成り立っているのかが違うだけなのです。

「朱に交われば赤くなる」という言葉がありますが、
組織において人材育成をしていく上で、
これは本当に大切なことです。

トップ2割の社員をいかにロールモデルと呼ばれる
お手本の社員へ育成していくか、
ボトム2割の社員を足を引っ張らず離脱しないように
指導していくか、
ここに注力していくべきなのです。

そうすれば真ん中の6割の社員は自然と底上げされます。

朱に交われば赤くなりますからね。
こうやってお伝えすると理解できると思いますが、
実際現場で「誰に関わるか?」という視点で
人材育成ができてる組織は少ないように感じます。

問題がある社員を指導してはいるが、
ロールモデルの人材を育成することには
注力できていないという組織は凄く多いです。

社員は良くも悪くも朱に交われば赤くなりますから、
是非ロールモデル育成の視点で人材育成を進めてみてください。

今日の話が人材育成に悩む
経営者や管理者のお役に立つと嬉しいです。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

お問い合わせや資料請求・ご相談はこちら ご質問やお見積などお気軽にお問い合わせください。

安全マネジメント、運転適性診断活用、人材育成の事なら株式会社イエス,アンドにお問い合わせください