安全マネジメント、運転適性診断活用、
人材育成の事なら株式会社安全会議へ

安全ブログ

2017.07.07

自分、不器用ですから

「自分、不器用ですから。」
この台詞が素敵に響くのは、
高倉健さんだからであり、役柄だからです。

「自分は、短気だから仕方ないんです。」

「わたし、雑だから、すみません。」

「私、心配性だから、時間かかるんです。」

まだまだ、他にも、いろんな
“コトバ = 言い訳 = 正当化”が
聞こえてきます。

こんな風に言いながら、
同じ行動をして、同じ結果を繰り返します。

自覚しているなら、
必要なときには必要な振舞いを
行動すれば良いだけ、では??と、
いつも、つい思ってしまいます。

※ この写真は大分県の某温泉宿さんの壁にかかっている
  コトバです。雨にも風にも時々負けても持ち続けるんです。

短気を出せないシーンでは、
深呼吸して、ひと呼吸置いて、
短気をリセットしてしまう、とか。

雑では困る事柄のときには、
より丁寧なひとにお願いする、とか。

正確さも大切だけど、
よりスピードが求められるときには、
心配性を一旦、横に置いて「できました!」
と、納品・仕上げをコミットする、とか。
(リスクが伴うときは、リスクを説明し、
遅くなることを同意を得ておく、とか。)

自分の弱点を自覚できてるなら、
それをカバーする行動を準備しておいて、
そんな場面になったときに、
「しめしめ来たな」と、
カバー行動を、やっちゃう。

弱点を克服しようとするよりも、
カバーする行動を準備しておいて、
そっちに切り替えた方が、
数倍、良い結果につながるし、ラクです。

根性、根性、ドコンジョーで
泣きながら克服するなんて、
イマドキ流行らないし、まず、やらない。

出来ない理由をいつも言い続けるより、
サラリと切り替えて行動しちゃえば、
ストレスが減って、良い結果が生まれます。

行動、してみましょ。

雑な私、細やかで繊細なコトは、
「雑でゴメンねー(悪いと思ってない笑)」
と言うのをやめて、
「得意なアナタ、お願い♡」に変えました♬

(森川 美希)

お問い合わせや資料請求・ご相談はこちら ご質問やお見積などお気軽にお問い合わせください。

安全マネジメント、運転適性診断活用、人材育成の事なら株式会社イエス,アンドにお問い合わせください