安全マネジメント、運転適性診断活用、
人材育成の事なら株式会社イエス,アンドへ

安全ブログ

2018.04.17

自分から“見に”行く

ひとは欲しい情報だけを取りにいきます。

ですから、最初から要らない、関係ない、と
思っている情報は、入ってきません。

それは、もう驚く程に情報に気づけません。



交通安全、作業安全などの安全の業界では

KYトレーニングをやります。
空気読めるトレーニングではなく(笑)
危険予測トレーニングです。
ある意味、空気読めるトレーニングとも
言えるかもしれません。

これは動画や写真、イラストを見て
どんな危険が、どこにあるのか予測して
自分なら、どのように判断して、
どんな行動をするか、を考えるトレーニングです。

さまざまな「かもしれない」を
どれだけ多く、どれだけ具体的に表現でき、
その先の安全な「行動」を描けるのか。

「正解」を見つけようとすると枠が狭まり、
「情報」を見落とし、察知できないことが
起こりがちです。

教科書通りにいかないのが現場です。


だからこそ、自分から「見に」行く。
自分から「気づきに」行く。

自分から、情報を掴み取りに行くには
その情報がある箇所を知っておくことが
とても大切です。

「見る」ポイント、見方、目線、
首の振り方、身体の位置、
ミラーの角度、取り付け位置、
発生しやすい場所、時間、、、。

事故、災害の再発防止には
実際の事例を検証し、
そのポイントをあぶり出して
さまざまな「かもしれない」を想定して
「気づける」目線を教えておき、
類似のことが起きない「行動」へと
関係者全員に、落とし込むことが大切だな、と
思っています。

関係者全員に落とし込むには??
ホームページをご覧ください(^-^)

(森川 美希)

お問い合わせや資料請求・ご相談はこちら ご質問やお見積などお気軽にお問い合わせください。

安全マネジメント、運転適性診断活用、人材育成の事なら株式会社イエス,アンドにお問い合わせください